News

SOUTH SOUTH VEZA / SOUTH SOUTH TOKYO

“SOUTH SOUTH TOKYO”

2021年2月26日ー3月2日
会場: 無人島プロダクション
出品作家:小泉明郎、大竹伸朗、ケン・オキイシ、シルケ・オットー・ナップ、朱金石


「SOUTH SOUTH VEZA」: オンラインアートフェア
2021年2月23日ー3月7日
出品作家:風間サチコ小泉明郎

「SOUTH SOUTH VEZA – Benefit Auction」: ライブオークション
日本時間: 2月23日、日本時間22時より

—————————————

無人島プロダクションは、グローバルサウスにフォーカスした新しいプラットフォーム「SOUTH SOUTH」に参加いたします。

また「SOUTH SOUTH」の発足イベントとして、2月23日から3月7日まで「SOUTH SOUTH VEZA」が開催されます。

南アフリカの公用語の1つであるズールー語(isiZulu)で「表示、作成、または公開する」という意味をもつ「VEZA」は、オークションテクノロジーを活用したライブ形式のセールスイベントとオンラインビューイングルーム(OVR)のハイブリッドで展開されます。

30か国40以上の都市から50のギャラリーが参加し、グローバルサウスから発信されるアートを「SOUTH SOUTH」のプラットフォームから発信・紹介いたします。
これまで政治・経済・文化など北半球が中心となって牽引してきた状況の中での新しい実験&プラットフォームの提言です。
オンラインビューイングルーム以外にも、著名キュレーターによるトークやフィルムプログラム、象徴的な作品をキュレーションした特別ページもこれから随時公開されます。

また、この「SOUTH SOUTH」ローンチに併せて、東京の参加ギャラリー4軒(タカ・イシイギャラリー、タケニナガワ、ブラム&ポー、無人島プロダクション)がそれぞれのスペースで、各ギャラリーの作家たちをシャッフルしたフィジカルな展示「SOUTH SOUTH TOKYO」も2/26から3/2までおこないます。

※それぞれのギャラリーの営業時間は各ギャラリーのサイトでご確認ください。
無人島プロダクションは会期中無休です。
(月〜金:13:00 – 19:00、土日:12:00 – 18:00オープン)

是非オンラインと、(そして短期間でありますが)フィジカルな展示をお楽しみいただきたいです。

—————————————

>>関連イベント(配信トーク):
「Go To アートフェア! #02|SOUTH SOUTH VEZA|CADAN Art Channel powered by MUUSEO」
2021年2月26日(金)20:00-21:00
出演:
・田口美和(タグチ・アートコレクション共同代表、一般社団法人アーツプラス現代芸術研究所代表理事、タグチ現代芸術基金チーフアドヴァイザー)
・蜷川敦子(タケニナガワ代表)
・藤城里香(無人島プロダクション代表)
・石井孝之(タカ・イシイギャラリー代表)

参加費:無料
主催:日本現代美術商協会(CADAN)
運営:ミューゼオ株式会社

イベントの詳細、お申し込みはこちら