荒木悠

双殻綱:第二幕

2022 1.29 - 2022 2.27

開廊時間: 火~金|13:00-19:00 / 土・日|12:00-18:00
休廊: 月、祝、2/17(木)
※ 本展ではオープニングレセプションは行いません。
※ 今後の状況により、営業時間の変更や、やむを得ず休廊となる場合があります。最新情報は随時ウェブサイトでご案内します。ご来場前に必ずご確認ください。

無人島プロダクションでは、荒木悠展「Bivalvia: Act II|双殻綱:第二幕」を開催します。

本展は荒木悠が2017年に無人島プロダクションで開催した個展「Bivalvia: Act I|双殻綱:第一幕」に続く第二幕となる展覧会です。前作から約4年半、いよいよ2つの映像からなる「双殻綱:第二幕」を公開する運びとなりました。
本展のメインとなる映像インスタレーションは、左右に分かれている二枚貝のように、「右殻」「左殻」を彷彿させる2つの異なる映像作品から構成されています。これらの映像作品は昨年、コロナ禍の中、オンラインで開催された「距離を巡る11の物語」(国際交流基金)および「Returning: Chapter 1」(シドニー・オペラハウス)という別々の展覧会で1作品ずつ発表されました。どちらもフィジカルな展示を伴わないオンライン上でのスクリーニングだったこともあり、本作は無人島プロダクションで初めて二つの作品がよりアップデートされた形で出会い、フィジカルな空間で展示することになります。

コロナ禍の中で感染リスクが低いと思われる水中撮影を敢行し、硬く殻を閉じた貝から連想された沈黙、閉塞感をコミカルに表現した「右」と、シドニーオペラハウスの協力の元、17世紀にヤコポ・ペーリが作曲した現存する世界最古のオペラ作品『エウリディーチェ』を題材にオペラ歌手とコラボレーションした「左」。
二枚貝をモチーフにしつつ、寓意や神話の要素とそしてCovid-19に翻弄された社会情勢をも反映させた、ミステリアスでありコミカルでもある二つの作品が呼応して作り出す空間をぜひ実際に体験していただければと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーー

【アーティストステートメント】
双殻綱:第二幕によせて

“…昔々、ひとつの貝がふたつに別れ、右殻は北半球に、左殻は南半球の海に堕とされました。
右殻と左殻は、別れた時からそれぞれ意思を持つようになりました。
この宇宙で唯一無二の片割れを探し求め、来る日も来る日も大海原を彷徨い続けました。
再び巡り会えるその時を夢見てから、すでに5億5千万年の月日が流れてしまいました…”

第一幕の続編に位置付けられる本作『双殻綱:第二幕』は「貝合わせ」をモチーフに、
二画面に分けられた映像を「同期」せず、ズレたまま再生され続ける映像インスタレーションです。それぞれ尺の違う二本の映像は、ある確率において、会期中にシーンがシンクロする可能性を秘めています。その瞬間に立ち会えることは果たしてできるでしょうか。

分断された世界の中で、再びまた繋がることに思いを馳せた新作です。

2022年 荒木 悠

助成:アーツコミッション・ヨコハマ