松田修

Ge無stoneプロジェクト 2021:『緊急時自己防衛輪唱 〜緊急時一日一約 2〜』

2021 4.30 - 2021 5.3

このたび、無人島プロダクションは「Ge無stoneプロジェクト 2021:松田修『緊急時自己防衛輪唱 〜緊急時一日一約 2〜』」を行い、
本プロジェクトに参加(購入)くださる方を募ります。
プロジェクト「Ge無stone」とは、昨年の第一回目の緊急事態宣言期間中に無人島プロダクションが非公開で始めた、在宅往復書簡プロジェクトです。

東京を含む4都道府県にまたしても緊急事態宣言が発令され、外に気軽に出られないG.W.も二度目となった今、2020年の緊張感ある宣言下とはまた違った空気を感じ、2021年版として今回は「公開で」行うことにしました。

ー 不要不急の外出自粛を強いられる中、さらにもう一つの不要不急に思える出来事を日々記録する ー

この一年、会食もカラオケもままならない状態が続きましたが、自己防衛儀式ともいえる「うがい」を使って思いっきり声を出していただき、それを毎日の約束ごととして撮影いただきたいと思います。そして会えないときに「輪唱」という形でつながり、知らない人からのバトンを知らない人につないでいくことを可視化した作品にできたらと考えています。

詳細については以下をご覧ください。

皆様のご応募(購入)、お待ちしております。

++++++++++++++++++++++++++++++

はじめに
最初の緊急事態宣言から約一年が経過し、もう何回目かもわからない緊急事態宣言が発令されました。
そこで、「緊急時一日一約」の2を行いたいと思います。
今回は前回でいうところの、「他者という存在を意識する約束」というだけはでなく、パンデミック禍という状態に慣れきってしまった今、もう一度自己防衛的な本能を呼び起こすような(けどなるべくくだらないような)仕組みを考えてみました。
「うがい」を使って毎日歌うというものです。
実際のところ、新型コロナへのうがいによる効果はわからないという話もありますし、外国ではガラガラと液体でのどを鳴らすのが下品な行為になるところもあるそうですが、もう一度「気をつける」という儀式的な意味においても、「うがい」は有効なのではないかと僕は考えています。井の中の蛙、もとい家の中の蛙として、ぜひ参加をお待ちしております。

2021年4月 松田修

++++++++++++++++++++++++++++++

《参加型映像作品》
Ge無stoneプロジェクト 2021 G.W.緊急特別版
松田修『緊急時自己防衛輪唱 〜緊急時一日一約 2〜』

販売期間(応募締切):~2021/5/3(月)17:00
販売価格:60,000(税込+送料込)
 ※ご購入方法: >>無人島プロダクションオンラインショップ
https://mujipro.theshop.jp/items/43766345
*こちらが購入および、注意事項のリンクとなります。