A Day (2018)
ジークレープリント
55 x 55 cm

中心にあるモチーフは、底辺層の生活者である僕の、ある一日の食事です。袋に入った即席麺というやつです。
日本では、中間層の人が多いといいます。つまり日本では、底辺層の生活も、富裕層の生活も、ほとんどの人が体験することもな
く、想像することしかできないわけです。僕は、そのような想像上のフィクションの出来事のような感覚と、僕の持つ貧困生活者
のリアリティーを合わせて、作品が作れないかと考えました。それは、人工的なプラスチックのような色味や形に、ほんの少しだ
け感情が読み取れるようなものだと僕は思っていて、つまりこの作品 は、少なくとも僕には、他者を想像するだけで他者にはなり
きれない状態を表しているように思えるのです。