オゥサムサークル (2020)
ミクスドメディア

この作品にはルールが
2 つあります。
1.鎖で囲われたサークル内には、 1 人しか入れません
2.サークル内の 1 人は、中心近くにいること

「この作品は、人と人がソーシャルディスタンスをたもてるようにできています。このように強制される運命を、
呪いのように感じる人もいるでしょう。しかし考え方によっては、 1 人で独占できる空間を作れる、 1 人になれる、
といったように、個を感じれる装置としてとらえることもできます。作家にとっては、少年期に収監された「独房」
がそうだったといいます。また、新型コロナ収束後には、 コロナ禍を思い出せるタイムカプセルのような作品にも
なるでしょう。そういった考え方をずらす装置の役割になることを、作家はアートに望みます 。」
(2020年 松田修)