「見る/見られる」という人間の行為の関係性や、物語を想像させるような人や物の痕跡を、被写体に寄り添いながら浮かび上がらせる写真作品を制作。近年は風や潮の干満を撮影した作品を発表し、写真に「瞬間」ではなく「時間」を取り入れ注目を集めた。2006年にスタートした"sight"シリーズは、「フォトシティさがみはら2008」さがみはら写真新人奨励賞などを受賞。2011年、写真集「sight」(赤々舎)を刊行。

Artist website



Works

CV

1974年 東京都生まれ 東京都在住
1998年 ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン卒業、アメリカ

主な個展

2018
“7 Days and Other Pieces”
Eli Marsh Gallery、 Amherst College,
マサチューセッツ、アメリカ
2016
“生成する風景”
小山市立車屋美術館,
栃木
2015
“tangible”
無人島プロダクション,
東京
2012
“Chords”
無人島プロダクション,
東京
2011
“22932/akita”
Project Room Sasao,
秋田
“Northerly wind”
ナディフギャラリー,
東京
“Conversations”
無人島プロダクション,
東京
“sight”
赤々舎,
東京

主なグループ展

2019
“移植”
無人島プロダクション,
東京
2018
“Closed Window, curated by American Boyfriend”
XYZ Collective,
東京
2017
“アッセンブリッジ・名古屋 2017”
名古屋港〜築地口エリア,
愛知
“総合開館20周年記念 TOPコレクション シンクロニシティ 平成をスクロールする 秋期”
東京都写真美術館,
東京
2016
“総合開館20周年記念 TOPコレクション 東京・TOKYO”
東京都写真美術館,
東京
“友人作家が集う - 石原悦郎追悼展 “Le bal” 第2部:scherzo”
ツァイト・フォト・サロン,
東京
2015
“Translation Theme Park”
Uppsala konstmuseum,
ウプサラ、スウェーデン

パブリックコレクション

東京都写真美術館,
清里フォトアートミュージアム,
上海美術館,
中国
クイーンズランド州立美術館,
オーストラリア
PDF